ダイオキシン測定・分析

  • ご注文・お問い合わせは03-5621-3261 受付時間:9:00~17:00(土日祝はお休み)
  • お問い合わせ

サイト内検索

Powored by Google

HOME > ダイオキシン測定・分析 > 公定法(簡易測定法)

簡易法:生物検定法(環境省告示第92号第1の2)

【お知らせ】
生物検定法は、平成24年12月18日ラボ試料受付け分にてサービスを終了いたします


【2011年2月】
都道府県届出3点セット(排ガス、燃え殻、ばいじん)値下げしました!

~特定焼却施設(小型炉)をお持ちのお客様へ~
年に一度のダイオキシン測定費用を大幅にコストダウンできます! 従来の公定法による分析から格段にお安い生物検定法に切り替えることにより、コストダウンが実現します。
都道府県への年1回の自主測定届出ももちろん生物検定法(簡易測定法)は認められています。
届出は、絶対、簡易測定法(生物検定法)がお得です!

価格・納期一覧 ※2012.12.18でサービス終了

分析方法 必要量 納期 価格
排ガス・もえがら・煤塵3点セット
(採取費用込・届出資料作成サービス付)
※サンプリングは全国対応しています。
 お気軽にお問い合わせください。
弊社にて採取 10営業日
¥285,000

生物検定法が絶対お得!¥245,000
(関東圏内限定価格)
土壌・底質・灰・ばいじん・もえがら
100g 10営業日
¥50,000
(TEQ報告のみ)
排ガス
4n3 10営業日
¥65,000
(TEQ報告のみ)
排水・環境水
7L・20L 10営業日
¥70,000
(TEQ報告のみ)

生物検定法が公的に使える廃棄物焼却炉は下記です。

廃棄物焼却炉 排ガス ばいじん 燃え殻
4t/h 以上 ×
2t/h 以上4t/h未満 ×
2t/h 未満

 

お申し込み

お申し込み用紙をダウンロード後、ご記入の上、FAXかメール添付にてお送り下さい。

お申し込み用紙ダウンロード

法律&環境基準値

Q&A

QDXN以外に大気汚染防止法の項目も調べる必要がありますか?(2010.10.25)
東京都の場合、焼却炉の火格子面積が2m2以上、もしくは1時間当たり200kg以上の焼却能力を保有する炉をお持ちの場合は、大気汚染防止法の該当施設となります。
Q排ガスのDXN測定のお見積を御願いしたいのですが、現地を確認してもらうことはできますか?(2010.6.28)
喜んで伺わせていただきます。足場、測定口の有無など確認させてください。
Q人体への影響はあるのでしょうか?(2010.6.15)
環境省が「ダイオキシン類の人への蓄積量調査」の平成20年度まで7年間の調査結果をまとめています。送料実費負担で無料配布しているほか、PDFファイルをダウンロードすることができます 『日本人におけるダイオキシン類の蓄積量について』
Q土壌中のダイオキシン類を測定したいのですが、どの方法がよいですか?
土壌中のダイオキシン類濃度の自主的な確認でしたら、簡易測定法(高精度な高分解能GC-MS迅速法)をおすすめします。低価格・短納期ですのでお気軽にご利用いただけます。また、土壌汚染調査などで汚染源を特定するためのスクリーニング調査にも簡易測定法が適しております。ただし、計量証明書の発行が必要な場合は公定法(高分解能GC-MS法)での測定となります。試料の必要量は100~200g程度。サンプル容器もご用意しております。
Q水中のダイオキシン類を測定したいのですが、どれくらい量が必要ですか?
排水、河川水など、測定する水の種類によって分析に必要な試料量は異なります。
排水 簡易測定法の場合 ガロン瓶1本(3リットル強)~7リットル
  公定法の場合 20リットル
環境水 簡易測定法の場合 20リットル
  公定法の場合 40リットル
※専用のサンプル容器を無料にてお送りいたします。事前にご連絡くださいませ。
Q排水の試料瓶は有料ですか?
試料瓶の費用は分析費用に含まれております。
ご発注頂いたお客様にはラボから試料瓶を送付致します。。
ご使用にならなかった試料瓶(未使用限定)は、お手数ですがラボに返送してください。。
ご使用になった試料瓶で余ったものはお客様にて廃棄頂きますようお願い致します。。
(この場合、DXNが付着しておりますと特別管理廃棄物となる場合がございますのでご注意下さい。)