廃棄物・ごみ質の分析

  • ご注文・お問い合わせは03-5621-3261 受付時間:9:00~17:00(土日祝はお休み)
  • お問い合わせ

サイト内検索

Powored by Google

HOME > 廃棄物・燃料ごみ分析 > ごみ質分析

廃棄物・ごみ質の分析

ごみ質分析は廃棄物焼却炉を管理する上でとても重要な分析です。三成分(水分、灰分、可燃分)比率や発熱量などから焼却炉内部へ与える影響(損傷など)を判断します。

ごみ質‐元素分析

分析項目 分析方法 必要量 納期 価格
炭素、水素の2項目 CHN計法 20g(粉砕済み) 10営業日 ¥20,000
炭素 CHN計法 20g(粉砕済み) 10営業日 ¥13,000
水素 CHN計法 20g(粉砕済み) 10営業日 ¥13,000
硫黄 CHNS計法 20g(粉砕済み) 10営業日 ¥8,000
不燃性硫黄 ポンプ法 20g(粉砕済み) 10営業日 ¥10,000
可燃性硫黄 全硫黄-不燃性硫黄 20g(粉砕済み) 10営業日 ¥10,000
塩素 吸光光度法 20g(粉砕済み) 10営業日 ¥10,000

※試料調整費(¥6.500-/1検体)が別途かかります。

ごみ質‐組成分類・発熱量

分析項目 分析方法 必要量 納期 価格
見掛け比重     ¥15,000
三成分比率(水分、灰分、高位発熱量) JIS Z 7302 500g( 内容物が大きい場合は1kg) 10営業日 ¥18,000
三成分比率(水分、灰分、低位発熱量) 環整95号 500g( 内容物が大きい場合は1kg) 10営業日 ¥14,000
+試料調整費¥15.000-
水分     10営業日 ¥6,000
灰分 重量法 20g(粉砕済み) 10営業日 ¥6,000
揮発分     10営業日 ¥6,500
嵩密度     10営業日 ¥3,500
組成分類     ¥60,000
総発熱量(高位発熱量)     ¥15,000
低位発熱量
(高位発熱量・水分・水素から計算)
    ¥25,000
油分(廃掃法3号)四塩化炭素抽出‐赤外線 500 1週間 ¥8,500

※試料調整費(¥6.500-/1検体)が別途かかります。

灰の成分分析

分析項目 必要量 納期 価格
SiO2 500g 10営業日
1項目¥13,000
Al2O3
FeO3
CaO
MgO
Na2O
K2O
SO3
P2O5
TiO2
MnO
V2O5

※試料調整費(¥6.500-/1検体)が別途かかります。

お申し込み

お申し込み用紙をダウンロード後、ご記入の上、FAXかメール添付にてお送り下さい。

お申し込み用紙ダウンロード

法律&環境基準値

Q&A

Qごみ質の三成分比率の分析方法に「JIS Z 7302」と「環整95号」がありますが、分析方法の違いを教えて下さい。
「ZIS Z 7302」の場合、灰分の測定は混合試料を使用します。発熱量は混合試料を装置で測定し、実測値として報告します。この場合、高位発熱量となりますが水素を分析することにより低位発熱量の算出も可能です。
「環整95号」の場合、灰分の測定ではごみを6組成に分類し、それぞれの灰分を測定し算出します。発熱量は「水分」と「可燃物」を式に代入し、計算値として報告します。この場合、低位発熱量となります。

廃棄物分析を依頼される方は下記サービスもご利用頂いております。