残留農薬分析

  • ご注文・お問い合わせは03-5621-3261 受付時間:9:00~17:00(土日祝はお休み)
  • お問い合わせ

サイト内検索

Powored by Google

HOME > 食品分析・残留農薬検査 > 残留農薬分析

残留農薬分析

一斉分析パッケージや個別分析など独自のラインナップをご用意しております。加工食品から生鮮食品までさまざまな食品の検査が可能です。食品の安全を証明する手段として是非ご利用ください。

ご発注担当者様へ!!

残留農薬分析では、項目数だけではなく、分析ターゲットとのマッチ度が重要です


登録検査機関で分析する場合の価格

分析方法 項目数 必要量 納期 価格
残留農薬 一斉分析 50項目 500g
5営業日
¥40,000
180項目 5営業日
¥55,000
268項目 5営業日
¥80,000
295項目 7営業日
¥90,000
有機リン系農薬 57項目 5営業日
¥45,000
残留農薬 個別分析 1項目 3営業日
¥15,000~
  • 50項目:2010年違反農薬(国内・海外)を中心に組み込んだパッケージ。
  • 180項目:50項目+過去3年間の検疫所モニタリング項目、検出事例の多い項目を組み込んだパッケージ。
  • ◆オススメセット⇒268項目:180項目+より広範囲の農薬をカバーしているにもかかわらず低価格・短納期!
  • 320項目:国内産及び外国産の農薬使用履歴不明な作物に対して効果的なパッケージです。
  • 個別農薬分析:国内登録のあるほぼすべての農薬に対応いたします。詳細はお問い合わせください。
  • お申し込み用紙ダウンロード

ISO17025取得(残留農薬)ラボで分析する場合の価格

項目 品目・内容 価格と納期
残留農薬250項目 野菜(国内産の生鮮野菜・冷凍野菜・漬物等)
野菜対象農薬と検出事例の多い250項目選定
5営業日
¥50,000
果物(国内産の生鮮果物・果汁・ドライフルーツ等)
果物対象農薬と検出事例の多い250項目選定
穀類(国内産の大麦・小麦・そば等)
穀類対象農薬と検出事例の多い250項目選定
注目キャンペーン中
(国内産の玄米・精米・もち米等) 
米対象農薬と検出事例の多い250項目選定
豆類(国内産の大豆・えんどう・小豆類等)
豆類対象農薬と検出事例の多い250項目選定
(緑茶・ウーロン茶・紅茶等)
茶対象農薬と検出事例の多い250項目選定
農薬420項目 検疫所モニタリング項目と検出事例の多い農薬を420項目選定。コストとスピードを重視したメニュー 5営業日
¥80,000
農薬520項目 検疫所モニタリング項目と検出事例の多い農薬を520項目選定。輸入食品のポジティブリスト対策に 10営業日
¥150,000
ISOマーク入り!農薬200項目 国内初のISO/IEC17025で認定された200農薬一斉分析。 輸出農産物やGAP対応の検査に(報告書にISOの認定ロゴマークが入ります) ※現在、生鮮作物17種類について対応可能 7営業日
¥60,000

*ISOマーク付報告書を作成できる作物は、 うり科野菜、きく科野菜、あぶらな科野菜、ゆり科野菜、せり科野菜、なす科野菜、ほうれんそう、ばれいしょ、さといも、かんしょ、米、小麦、大麦、とうもろこし、大豆、小豆、らっかせいの17品目です。

◆登録検査機関・・・ 食品衛生法第33条、厚生労働省登録検査機関(厚生労働省発関厚0324001号)に認可されています。登録後も年1回の立ち入り検査と5年毎の更新が行われます。命令検査は登録検査機関による分析が義務付けられています。

◆ISO17025・・・品質保証の国際規格です。ISO/IEC17025試験所認定を残留農薬多成分一斉分析200項目・作物17種類で取得(国内では最多の取得作物数です)しているラボにて分析いたします。
お申し込み用紙ダウンロード

法律&環境基準値

Q&A

Qきのこの蛍光漂白剤の検査はできますか?(2010/12/7)
現在のところ、分析できません。分析できるラボが見つかり次第、HPでご案内致します。
Q飼料用植物中のアシュラムは分析できますか?(2010/08/30)
分析可能です。価格は3.3万円、納期は約3週間です。分析の条件等の詳細をお知らせ下さい
Q田んぼに油が流入してしまいました。お米に油が含有していないか、分析できますか?
分析可能です。必要量は10g、価格は7.5万円、納期は2週間です。

残留農薬分析を依頼される方は下記サービスもご利用頂いております。